テイクアウト

お土産というより、手土産といった方が正しいかもしれませんが、お土産を渡す方法として、テイクアウトというものがあります。
通常、飲食店における食事は、飲食店舗内の指定された場所で食べるのが、ルールですが、テイクアウトというシステムを利用すると、飲食店で購入した食事を店外に持ち運ぶことができるようになります。
つまり、テイクアウトを利用すれば、飲食店で購入した食事を、お土産として知人に渡すことができるのです。
テイクアウトは、ファーストフード店において、広く実施されています。
ハンバーガーショップや牛丼屋など、安価で手軽なショップで、特にニーズの多いシステムです。
飲食店によるお土産は、テイクアウトにおいてしか成り立ちません。
なぜなら、手渡しするのがお土産の重要な定義なので、注文して自宅まで持ち運んでくれるサービスのデリバリーなどでは、お土産とはいえないからです。
また、自動車に乗りながらテイクアウトできるサービスを「ドライブスルー」と呼びます。
もっとも、ファーストフード店におけるテイクアウトは、自分、もしくは家族の食事用とするのが大半であり、お土産用に買われることはそう多くありません。
お土産用に買われるショップは、テイクアウト専門のところが多いでしょう。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) あまりないお土産情報 All Rights Reserved.