菓子のお土産

お土産は旅行先などで知人に渡すために購入するものを指しますが、その商品はさまざまな形態を呈します。
旅行先にゆかりのあるものならば、基本的には何でもいいのですが、特に主流となっているのは、お菓子のお土産です。
お菓子は、その旅行先の味の文化を伝えることができますし、消費物なので、邪魔にもなりません(よほどそのお菓子が贈り相手に気に入らなかったりしないかぎり……)。
消費できないものであると、いつまでも形を残しておけますが、それゆえに旅行に行っていない贈り相手にとっては、うっとうしいものになってしまう可能性があります。
お土産のお菓子の商品の種類は、主に「銘菓」と「郷土菓子」、「地域限定販売の菓子」に分けられます。
「銘菓」は、伝統ある名物のお菓子であり、和菓子店で販売されているものを指します。
よほど伝統が深いものは、藩主や茶道の家元などから名前を与えられ、「銘菓」と認定されています。
「郷土菓子」は、「銘菓」とよく一緒の意味として使われますが、由来が知られていない伝統的なお菓子を指すものです。
「地域限定販売の菓子」は趣向性が高いもので、旅行先にゆかりのある味付けをしたお菓子を指します。
菓子メーカーの商品のバリエーションの1つにもなっており、手軽なものです。

お歳暮

お土産品の質

ドライブスルー

お土産の選び方

温泉まんじゅう

ドギーバッグ

キーホルダー

テイクアウト

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) あまりないお土産情報 All Rights Reserved.