温泉まんじゅう

温泉は、日本において特に、旅行地として人気を博すスポットです。
そのため、温泉とお土産の関係も深く、温泉旅行に行ったときに、お土産を購入したことのある人も多くいらっしゃると思います。
そして、その温泉旅行のお土産として代表的なものが「温泉まんじゅう」と呼ばれているまんじゅう菓子のことです。
温泉まんじゅうと呼ばれているだけに、もともとは、温泉を利用して調理したまんじゅうだったようです(温泉水で生地を作ったり、温泉の蒸気で蒸したり)。
しかし、おいしいまんじゅうを作るために適したものを取り出せる温泉はそう多くなく、実際には、温泉を利用していない普通のまんじゅうが一般的に売られています。
そのため、温泉まんじゅうの名を冠しているだけで、他の地で売られているまんじゅうと大差ないということに注意しなければなりません。
また、全国的に茶色の蒸しまんじゅうがポピュラーに売られています。
もともとは、温泉まんじゅうはそれほど一般的なお土産はありませんでしたが、温泉地の菓子名物を作る際、薄皮の蒸しまんじゅうが注目されました。
そして、やがて、その薄皮の蒸しまんじゅうが人気を博し、全国的に普及していったのです。
今では、温泉に行けば、必ずあるほどになりました。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) あまりないお土産情報 All Rights Reserved.